安全な生活

近年、高齢化が進んでいますが、街を歩いていても老人ホームなどの建物も目立ちます。住宅についてみると老人向けにバリアフリーリフォームが行われているところが多いようです。住宅のバリアフリーリフォームは意外と重要で、怪我をして重傷や軽傷を負う老人のうち7割は自宅にいるときに起きてるのです。 このような現状を考えると、怪我の原因となる場所をできるだけなくす必要があります。 そこで、怪我の原因となる階段、数センチの段差、開き戸などはできるだけリフォームして改良をする必要があります。特に階段での転落事故は老人の事故のなかで一番よく起こるのです。 リフォーム価格は、階段の手すりをつければ4万円ぐらい、開き戸を引き戸にする場合は20万円ぐらいです。

リフォームには、キッチンリフォームをする人も多いのです。水回りはどこでもそうですが、そこに人がいる限り1日に何度も使いますし、気になるところの一つです。 キッチンは特に1日に何度も使う上に、汚れやすい場所ですので、リフォームをする必要があります。 キッチンリフォームのなかでもシステムキッチンに取り替える家庭は多く、その価格は20万円から100万円ぐらいまで様々です。このように価格に開きがあるのは、その素材によって価格差がでるからです。 例えば、天板をステンレスにするか、それとも人工大理石にするかによって随分と違いがあるからです。 また、キッチンの場所を変更する場合にも大きな違いが出ます。給排水管を変更すると100万円ぐらいは余分に費用がかかるので注意が必要です。